民族スポーツについて

勉強をしました。ワールドカップやオリンピックなどでおこなわれる国際スポーツ以外に、地球上の各地にはそこにしかない民族スポーツがたくさんあります。

国際スポーツと民族スポーツ、この2つのスポーツと国際理解がどのように結びつくのか考えてみましょう。今日地球上の各地では、オリンピックとは無縁のスポーツが数多くおこなわれています。

こうしたスポーツを初めて見ると、私たちはカルチャー・ショックを受けたり、驚いたりしてしまいます。しかし、それらのスポーツがおこなわれるのにはそれぞれ理由があります。

たとえば、中国のドラゴンボートレース(龍船競漕)は、田に植える生活の知恵が競技化したものです。このようなスポーツは民族(エスニック)スポーツと呼ばれ、これをおこなう人たちの伝統的な生活文化から生まれました。

民族スポーツは、その土地土地の固有の文化を含みこんでいます。ケイバー(スコットランド)とは、助走をつけて丸太(ケイバー)を投げ、空中で1回転させます。

もっともまっすぐ前方を向いているものが勝ちとなります。http://www.kamilprokop.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ