江南地方などについて

勉強をしました。元は中国の官僚制を採用し、中央集権化をすすめましたがモンゴル人や西域出身の色目人を重んじました。

東アジアの中心であった唐の滅亡は、周辺の諸国にも大きな影響をあたえました。日本は9世紀末に遣唐使を廃止して独自の文化を発展させました。

その後武士の勢力が強まり、12世紀末には源頼朝が鎌倉幕府をひらきました。朝鮮半島では10世紀初めに新羅が滅び、これにかわって高麗が半島を統一しました。

高麗では仏教が栄え、世界で最初の金属活字をもちいた印刷がはじまりました。また、ベトナムは11世紀初めに中国から独立しました。

13世紀なかばになると、高麗はモンゴルに服属しました。元のフビライは征服戦争を継続してミャンマー(ビルマ)のパガン朝を滅ぼしました。

しかし、日本への遠征(蒙古襲来)、ベトナム・ジャワへの侵攻は失敗におわりました。宋代には農業技術が著しく発達しました。

とくに江南地方は、宋が南に移って以降さらに開発がすすみ、稲の品種改良も加わって穀倉地帯として中国経済の中心となりました。

また貨幣や手形なども多く出まわり、宋銭は東アジア世界の各地に流通しました。http://www.nailart4me.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ